気を付けたい犬の病気にフィラリアという寄生虫がある

悩んでいる犬

フィラリアは蚊が媒介する病気として有名です。
フィラリアの成虫が寄生している犬の血を吸うときにフィラリアの幼虫を体内に取り込みます。
次に血を吸う時幼虫を注入します。
体の中に入った幼虫は数ヶ月程度で成虫になり肺動脈に寄生するのが特徴です。
そして宿主の体を蝕んでいきます。

恐ろしいのは、この寄生虫は体内で新たなミクロフィラリアを生み続ける点です。
そして発症した犬が蚊に刺され悪循環は繰り返されます。

フィラリアの成虫は心臓の右心室にある肺動脈に寄生します。
心臓で十分な血流を送ることができなくなり、右心室に戻ってくる血液の量も少なくなってしまうのが恐ろしい点です。
疲れやすくなり息切れが起こることもありますが、初期段階では無症状のことが多く、発見が遅いのも難点です。
症状が進むと散歩の途中でいつもより早く疲れたり、ぐったりすることもあります。

感染初期は無症状なので、犬に目立った変化は現れません。
進行した時飼い主が気付きやすいのは咳です。
喉に何かが詰まったような咳をするときには注意が必要です。

犬の毛の長さや歳によって感染のしやすさに大きな違いはありません。
ただ、川沿いなど蚊が多くいる環境だとリスクは高くなりがちです。
散歩をするときに草むらを好んで茂みに入っていったり、室内ではなく庭などで外飼いをしているとさらに寄生虫に侵される危険性は高くなります。

川沿いや草むらにリスクが高いという事実を聞くと、室内で飼育している人は油断しがちです。
しかし、室内で飼っているからといってフィラリアに感染する可能性がゼロになるわけでは無い為、やはり注意をしてあげなければいけません。
ただフィラリアに感染している蚊に刺されても、必ずしもすぐに発症するわけではありません。
あまり寄生虫が成長せず健康に影響が出ないこともありますし、心臓が機能障害を起こすまでには増えないこともしばしばです。

この感染症は薬で予防できるのが特徴です。
万が一に備えて先手を打っておくことが犬にも飼い主にも安心を与えてくれます。
病気になる前に薬で予防ができるとすれば、こんな安心な事はありません。

人間が蚊に刺されてしまうことももちろんありますが、感染するのは珍しいケースです。
フィラリアはペットの中でも特に犬に多い感染症と言うことができます。

症状が出てしまった犬は、とてもかわいそうで見ていられません。
まずは薬などでフィラリア予防をすること、そして少しでも体調がよくないようならすぐに動物病院などで診てもらうことが大切です。
またインターネット通販サイトでフィラリアの薬を買うことができますので、予防のためにも蚊の現れるシーズン前に買って与えておくことをおすすめします。