犬のお手入れのイロハ!耳かきやシャンプーはどうする?

犬のシャンプー

犬を飼う時は正しくお手入れをしてあげることも大切です。
例えば耳かきをおろそかにすると、耳ダニや外耳炎の原因になります。
耳が垂れている状態の犬は特に注意が必要です。
耳の通気性が良くないため、蒸れて炎症を起こしやすい環境と言えます。
ニオイ防止のためにもこまめな頻度で耳かきなどのケアをしてあげたいです。

ニオイ防止や清潔の観点からシャンプーも重要な要素になります。
まず毛玉をほぐすためお湯をかける前に乾いた状態でブラッシングをするのがポイントです。
毛玉が水分を含んだらさらに硬くなるので、先に解しておくと良いです。
次に体全体をシャワーで濡らします。
お湯はややぬるめに設定し、シャワーヘッドを軽く押し当てながらお尻から後ろ脚・背中・胸・前脚・顔の順番でやさしくお湯をかけます。

洗うときには脚の付け根や内股部分・足先に至るまで汚れやすい部分をしっかり洗うのがコツです。
胸や背中はデリケートな部分も多いため、指の腹を使ってマッサージするように泡立てていきます。

シャンプーが終わったらきれいに洗い流し、タオルで全身を包み込む要領でやさしく余分な水気をとっていきます。

トリミングやグルーミングも大切です。
トリミングは皮膚を清潔に保ったり、肉球周りの毛をカットすることで滑ることを予防し怪我を防止する役割もあります。
グルーミングは大切なスキンシップです。
念入りにやさしくブラシをかけるやり方ならば、犬も喜びます。
ただ、ブラシのやり方を間違えれば犬にストレスを与えるばかりではなく、皮膚を傷つけてしまうことにもなりかねません。
毛並みに沿って優しく話しかけながら行うと良いです。

外で飼っていたり、よく歩く犬なら自然と爪はすり減りあまり心配はいりませんが、室内飼いや硬いところを歩かない環境だと爪が伸びてしまうことがあります。
爪が伸びすぎると歩く時に痛くなったり、途中で折れて出血するなど怪我のリスクも増します。
2週間から3週間に1回程度の頻度でチェックをしてあげると良いです。

定期的な検査も必要です。
血液検査やレントゲン・心電図・尿検査・心電図など人間がよく行う健康診断のようなチェックをしてあげれば、万が一病気になっても早期発見が叶います。
安心して暮らすために、1年に1度は検査に連れて行ってあげたいです。
普段から気にかけて見てあげることと、定期的なプロによる診断があればより安心できます。
正しい手入れをしっかりと行い、健康的な毎日を過ごしたいです。