犬を飼ってる人へ、どんなペットフードを買ったらいい?

ドッグフード

犬を飼う際に気になるのが、どんなペットフードを与えるべきかです。
元気に成長してほしいと考えるのは、飼い主にとってとても自然な発想です。
しかし、人間の食べ物をただ与えれば良いというものではありません。

どんなに栄養が満点でも、見向きもしなければ意味はないです。
一方で、飛びつくように食べるからといってそのペットフードがベストというわけでもありません。
近年ウェットフードが人気です。
確かにドライフードと比べると食いつきは良くなりますが、栄養バランスが必ずしも良いわけでは無いですし、一般的にコストも高くなります。
ドライとウェットをうまく使い分けるのがベターです。

犬が喜ぶだけではなく、栄養があり健康に良いものを提供できるよう無添加などにこだわるのも良いです。

人間の食べ物でも無添加はもてはやされます。
ペットフードも安心して与えることができるという面では共通点も多いです。
添加されるものとしては、油や食塩・調味料などがあります。
長期間保存に適応するため酸化防止剤を入れてあるものも多いです。
着色料も食欲をかき立てますが、合成添加物は健康を損なう種類もあるため注意してあげなければいけません。

ペットフードの粒や形にも気をつけたいです。
小型犬でも食べやすい小粒なものを選んだり、カリカリと心地よい食感なら食欲をそそります。

ペットフードには、鶏肉や牛肉・鹿肉などがよく使われています。
バランスのとれた良質なタンパク質は成長に必要ですが、アレルギー反応を起こすこともあるので注意が必要です。
魚から作られたペットフードもたくさんあるので、工夫をしながら与えると良いです。

ペットフードの中には、小麦やとうもろこしを中心としたものを意外と多く見かけます。
肉食動物に近い犬にとって、穀物はきちんと消化できない場合があるため注意が必要です。
消化の負担のないグレインフリーのペットフードも検討材料に入れると良いです。

おやつにも当然気をつけなければいけません。
手軽に与えられるおやつを日常的にあげる人もいますが、中身をよく確認しないとアレルギーなどで健康を損なう危険もあります。

通販を利用すれば、重いペットフードを運ぶ必要もなく便利です。
ただ、中身をよく確認しないで値段だけで選ぶのは、危険を伴います。
通販は確かに便利ですが、頼りすぎるリスクも同時に発生するのでやはりよく検討することが大切です。
犬の健康を第一に考えてペットフードを選んであげなければいけません。